A-40 仮プレハブ小屋



カテゴリ:[ ゲーム ]


13件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。


[13] やはりダメなのかなぁ…

投稿者: 荏崎花梨 投稿日:2016年 7月20日(水)00時01分17秒   通報   返信・引用

今日もこっぴどく怒られてきて、しかもその内容が期待を込めての叱咤ではなく、失望と諦めと嘲りからくる叱責に変わってきた感じなんだよね。

能無しでも石にかじりつくように根強くがんばれば、いつかはモノになる…なんてことがないのは、過去の自分の経験で分かってるから。昔、会社のガンと言われ続けて5年やって、それでも結局会社のガンで終わっちまったんだよね。友人のケースだと、同じようにゴキブリ扱いされつつも9年続けた結果、最後はバイトまで格下げされてたなんてのもある。

本当、自分は仕事が出来ないんだな。何より、嫌いだしね。僕は仕事が。

先日のボーナスの件、思ったんだけど、これやっぱ派遣先の評価によって大きく上下するんじゃないの?てことは僕はこのままで居る限り、冬もなけなしの金額である可能性が高いわけですよ。その後もずっとずっと。身入りの少なさより、そんな見られ方のまま仕事場に居座るというのが本当に辛いね。いっそクビの引き上げにしてくれって思うよ。

当初はやる気満々だった仕事の勉強も、今はする気がない。それよりも、商売への興味ばかりがどんどん膨らんでいく。




[12] ボーナス

投稿者: 荏崎花梨 投稿日:2016年 7月14日(木)23時02分9秒   通報   返信・引用

出たは出たんだけど…いっやー、ガッカリもんですわ!!雀の涙もいいところ。新卒のときの半分!!

金額によっては、少し遊ぼうかなと思ってたんだけどとんでもないわ。コミケすらも危うい。

激務の上にお金も稼げないとなれば、こりゃあちょっと、本当に身の振り方考えなきゃいけないぞ。

古書店計画は早急に動き出そう。とにかく、古物商免許は早急に取ってくる。ほんでもって、自前カートでの通販サイト開店を早期に目指す。最初は週一発送でカンベンしてもらいつつ、徐々に軌道に乗せていく(…売り上げが伸びればねw)。そしてゆくゆくは、派遣やアルバイトに切り替えても生計立てられるくらいにもっていきたい。



[11] 僕の女性からの嫌われ方ってなんなんだろうなぁ

投稿者: 荏崎花梨 投稿日:2016年 7月13日(水)23時57分26秒   通報   返信・引用

っていつも思う。

まあ、僕は元々女性とは摩擦ばかり起こしてきたことは確か。まず妹と凄かったからね。中学校でも騙されたりだのなんだのと、酷い目にあわされてさ。唯一まともだったのが高校のころか。そうそうあの頃僕は、バレンタインデーに手作りチョコもらったりしたんだよwしかしその後また元通り。25のころのPC工場勤めのときとか、昨年まで勤めてた会社の末期とかもすさまじいゴキブリ扱いだったんだけど、あの頃ははっきりと自分に非があったのでしょうがない。しかし今の会社でもまた凄くてさ。後ろの席の同じチームの女性とか、仕事で接するときも無言だよ無言wwwいやー何が気に入らないのか…。

最近は、女性にこういう当たられ方をすると、逆にゾクゾクするようになってきた。途端にKREATOR"Ripping Corpse"が流れ出す。ああいう時の女性の研ぎ澄まされたアグレッションって凄いよね!!

…だめだよなぁ、これじゃ。かといって、一挙一動人を操るような命令に従う気もないし。やっぱ女性のいない職場が一番いいんだよな。本当それが一番幸せ。そんな思いも含めて、古書店(古物店)計画、がんばらないと。



[10] ゲームしたいなあ、、、

投稿者: 荏崎花梨 投稿日:2016年 7月11日(月)07時44分3秒   通報   返信・引用

昨日日曜日は出勤。幸い18時にはあがれたけど、自宅に帰れば家事やら食事の作りおきやらで休む間もなし。

そういや、週一休みになってから、ゲームやらなくなったな。とてもじゃないけど、余裕がない。

友人がツイッターでゲームを楽しそうにやってる様子をツイートしてると、思わず妬ましく思ってしまう。

やっぱこんな日々は嫌だなあ、、、しかもその苦労が割に合ってない気がすごいしてきたし、、、どうしよう。



[9] お店の展望

投稿者: 荏崎花梨 投稿日:2016年 7月 9日(土)23時14分28秒   通報   返信・引用

月曜日に、元古書店店主宅を訪れ、色々と話を聞いてきた。その内容を詳しくここで書くことは出来ないのだけど、まあやはり今から個人が古書店、古物店をやるのは、本当に難しいという結論には至ってしまった。

あとは、自分が今構想しているアイデアを掛け合わせて、どれくらい受け入れられるかなんだな。ただ自宅のオタクグッズを処分するだけでは、先は見えているしやる価値もあまりない。個人の面白いお店がめっきり減ってしまった今、自分でそれを見せてみたいという気持ちが強いのだ。一度しかない人生、そろそろ損得度外視でそういうことをやってみたい。

あと、家賃関係一番心配だったんだけど、思ったよりは安いのね。9万くらいなら、そんなムリは感じない。まあ最初は働きながらのネット展開だから、店舗持つなんてのは現段階では夢でしかないけどね。



[8] 週末の収穫

投稿者: 荏崎花梨 投稿日:2016年 7月 9日(土)22時48分22秒   通報   返信・引用

昨日金曜日は、会社行事につき半ドンで終了。午後のなけなしの時間を使って、ブックオフをいくつかまわり、昔の成年コミックをいくつか回収。

自分がにらんだとおり、概ね値上げしてるね。90年代のものはさすがにまだ100円台にしても、2000年代に入ると300~400円台付けてる。この辺も昔は100円だったのに。Xデーは近いか?

今回の個人的出物は下記のとおり。

・アンソロジー「エッグカップ」
新人作家のみをあつめたアンソロ誌。とにかくヘッタクソな作家ばかりでぶったまげる。しかももっと驚くのが平成8年という発行年。80年代ならまだしも、90年代でこんなポンコツな新人ばかり集めて一冊の本にするとは…オソロシイ!冒頭の本間秀一のみは普通に読めるけど、それでも特段上手さや面白さを見せてるわけではない。後に商業作家として軌道に乗るGRIFON氏もいるが、この時点ではまだまだ下手。あと蒼海夏なる作家、作風がSABEそっくりなのですわ極初期作品?と思いつつも、平成8年の頃のSABEがこんな程度低い漫画描いてるわけもなし。ゴミさ加減が突き抜けてるので、資料的価値も含めて一読の価値はある。

「チェリータウン」アップルトン
90年代半ばに人気を博するも、若くして亡くなってしまったアップルトン氏の最後の単行本。カッチリとした絵柄とサービス精神旺盛なアングルからも、当時かなりの実力の立ち位置にいたことがわかる。この方単行本って一冊だけかと思ってたんだけど、合計3冊残してるっぽいね。早速注文をかけた。

「精霊特捜」上藤正樹
今なお根強いファンを持つ上藤正樹氏。お世辞にも絵は上手いとは言えないのだけど、特撮ヒーローものへの憧憬を強く打ち出した作風ゆえ、まあその手の感性がリンクする人は強烈にひきつけられるのだろう。この方は今後少し色々読んでみたい。そうすると、良さが分かってくるのかも。

他もあるけど、また後日。



[7] エロ漫画で30年生き残ってきた人

投稿者: 荏崎花梨 投稿日:2016年 7月 8日(金)05時37分49秒   通報   返信・引用

最近、このようなことをふと考えることが多い。出版不況もあって、エロ漫画家さんたちの生活の苦境が伝えられることが多いのだけど、所謂美少女漫画が確立されて大体30年。そこから今まで、生き残ってきた方はどれくらいいるのだろうと。

生き残りの定義は、とりあえず何かしら商業のシーンにしがみついていること、にしたい。携帯漫画や学校の先生もあり。同人とかはなしです。趣味でやってるのかプロでやってるのかの境界があいまいになるので。あああと、本筋の漫画作品で、途中で非エロへ離脱したような方もなしにしましょう(一般紙の進出はあり)。

まず思いついたのが、一部で根強いファンを保ち、古本も何故か高いまいなぁぼぉい氏。こちらは確実に30年。あと、学校の先生やってるらしいねぐらなお氏も確実に30年前からおりますね。あとわたなべとおる氏は携帯漫画でがんばってるらしいので、これも入れていいか。

…こんなもん?(汗)法田恵氏は、先日廃業宣言してしまったし…。

勿論今は出版不況、というか、出版が衰退の局面に陥ってしまってるし、厳しいのは一般の漫画家さんも同じなのだけど、それでもエロ漫画フィールドの生き残り率の低さは異常ともいえる。もっともこれが「劇画」になると、新陳代謝の鈍さから、もうちょっと生き残りはちらほら見かけるようになるのだけど。

ああ、そうか。若い血でどんどん入れ替えていくのは、あくまで成長している世界であれば幸せにつながるのであって、逆に衰退しているにも関わらず新陳代謝が激しいのは…衰退も早めてしまうのかもしれないなぁ。だって今後、30年食えない世界に若い人はやってこなくなるでしょう。一方、劇画みたいに様式美が読者に受け入れられるようになるとも思えないし。そう考えていくと、この世界の前途も暗いのかもしれないね。



[6] 続々・仕事の展望

投稿者: 荏崎花梨 投稿日:2016年 7月 2日(土)07時34分55秒   通報   返信・引用

昨日職場の先輩の話を聞いてたのだけど、かれこれもう10年、この生活を送ってるらしい。会社の性質上、出世できなければずっと下っ端の土方仕事。いや、出世した人でも、土方仕事が免れないことがある。

その先輩の、死んだ魚の目をみてると、やっぱ今後の身の振り方、真剣に考えちゃうね。

あと、労働してるわりには、実は給料、そんなに高くない。今までは中途入社ってこともあってか市県民税ひかれてなかったから、額面だけは結構な数字が来てたんだけど、今月から引かれるようになり、手取りの金額の低さに愕然とした。本来俺は、こんだけしか手にできなかったんだ、、、と。

本当、すこしづつ再びの転機を狙わないと。古書店の知人とは、来週はじめに会えることになったので、なんとか会社半ドンで終わらせて行く。どれ位の労力で、いくら位利益を出してたのか。そして、リスクはどういったものがあるか、、、など。


まあ、僕の年齢だと、正規社員待遇ではもう



[5] 続・将来展望

投稿者: 荏崎花梨 投稿日:2016年 6月26日(日)20時59分40秒   通報   返信・引用

今度は別の形で、今の仕事の展望に暗雲がさしてきた。そう、イギリスのあの件です。現時点で既に個人投資家からは「リーマンの再来」と囁かれてます。僕の知人友人の中で株やってる勢が一昨日からネットに顔出してこないのも気になります。そして僕の仕事においても関係おおありです。まだ詳しくは書けないんですが、一歩間違えると8月~11月で引き上げですよ。

となるとやはり、古物商の構想は押し進めないといけません。色々構想を練っているうちに、じょじょに形になってきた。ズバリ、「エロ漫画+メタル」ってのはどうだ!です。この2つ、一緒に楽しんでる人結構いるでしょ?そしてそれに沿った形で、面白い店作りが出来ないかなーと考えてます。何にせよ、従来の所謂オタク業界の枠にも僕ははまれない気がするので、ある種の作家性をもって、一念奮起したいと考えてます。

やはり一度しかない人生だし、またこれまで積み重ねてきてしまった生き方も中々変えられないんで、なるべく好きなことやって死んでいかないとね。そのためにも、がんばろう!!



[4] 将来展望

投稿者: 荏崎花梨 投稿日:2016年 6月11日(土)03時19分6秒   通報   返信・引用

仕事がいよいよきっつくなってきて、毎朝会社に向かうのが憂鬱です。チームの皆さんがやさしいのが救いだけど、それも今だけだろうし…。

今の仕事が勤まらなかったら、また非正規に逆戻りなので、そうなったらいよいよ、自営でなんとかお金かせぐ手を考えなければなりません。

今考えてるのが、通販専門の古本屋なのです。Amazonマケプレとヤフオクに出品する。まあ、これ一本で食えるとは考えてないので、他に何か日銭稼ぐ仕事しながらの営業になるだろうけど。

とはいえ、ただ本をかき集めて売るだけではなく、色々変わった指向は考えてます。まあその辺は種あかしはしませんがw、ニッチな要求に応えるお店にしたいなぁって。

その上で、自宅(アパート)の一室を店舗仕立てにして、希望のお客さんはお招きしようかなとも。これは、少し前に店舗廃業し通販へ移行した知人の中古ソフト屋さんがこのスタイルをとってるんで、僕も習ってやってみたいなって。そうして地道に、同好の趣味のネットワークを保っていければいいなあって。

なんというか、最低限の収入(月手取り20万)は確保しつつ、極力絵書いたりソフト作ったり出来る生活を手に入れたいんですよね。今の状態はとてもとても。なんとかならないのかなぁ…。


レンタル掲示板
13件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.