teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]



新着順:69/15211 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

池田大作先生の指針

 投稿者:研鑽  投稿日:2019年11月 5日(火)12時18分18秒
  通報 返信・引用
  2019 11.5
池田先生と共に 新時代を築く
人間の中へ! 励ましの光を

青年ほど、強いものはない。青年ほど、頼もしいものはない。
地涌の青年が一人立ち上がれば、正義の勝利の旭日は決然と昇るのだ。
太陽の仏法のスクラムを拡大しゆく11・5「男子部の日」おめでとう!
皆の成長こそ、私の喜びだ。恩師に誓った広布の精鋭10万人の結集を成し遂げたのは、
1961年。舞台は国立競技場であった。そのスタジアムが生まれ変わり明年、
東京オリンピック・パラリンピックのメイン会場となる。平和の祭典とともに、
創価の若き世界市民も、新しい勝利の歴史を刻むのだ。今、男子部は、
皆が「前進」、皆が「人材」との心意気で先駆している。「創価班の日」記念の総会、
「牙城会」の師弟厳護総会、そして各方面の男子部大会が開かれる。
いずこでも新しい力が躍動し、青年が青年を呼ぶ感動のドラマが生まれている。

 * * *

11・12「女子部の日」も、妻と心から祝福したい。「白蓮グループ」の前進の
なんと清々しいことか。御義口伝には「我等が頭は妙なり喉は法なり胸は蓮なり
胎は華なり足は経なり」(御書716ページ)と説かれる。
華陽の乙女は、一人ももれなく、最も尊貴なる妙法蓮華経の当体である。
苦悩渦巻く社会にあって凜と胸を張り、希望と友情の花園を明るく朗らかに広げてほしい。
そこにこそ、「幸福の光」「平和の文化の光」が輝きわたるからだ。戸田先生は教えられた。
「世界の広宣流布と言っても、その根本は一対一の対話と座談会以外にはない。
生活に根を張り、社会に信頼を広げ、民衆の中に飛び込んでいくのだ」
人間の中へ――一人と会い、一人を心から励ます。共に信心の歓喜に燃えて立ち上がる。
ここに変わらざる広布拡大の方程式がある。思えば、牧口先生は、軍部政府による弾圧にも
怯まず、一人の青年の両親への弘教のために、福島県へ足を運ばれた。中核となる金の人材を
見出し、育てよ――これが、今年、殉教75年となる牧口先生の師子吼であった。
先師の魂魄が留められた福島の宝友たちは、私が大阪事件で戦っている時も、
いわきを中心に大奮闘してくれた。永遠に忘れ得ぬ共戦譜である。今も、福島をはじめ、
台風や大雨に被災された各地で、わが同志は復興へ懸命に献身してくれている。
御本仏・日蓮大聖人が、「極楽百年の修行は穢土の一日の功徳に及ばず」(同329ページ)
と、全てを御照覧であられるに違いない。

 * * *

我ら創価家族には、青年が育っている。青年が続いている。ゆえに恐れるものは何もない。
青春の無限の旭光とともに、一日また一日を勝ち抜き、未来を照らしゆくのだ。
 
 

新着順:69/15211 《前のページ | 次のページ》
/15211