teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]



新着順:17159/19177 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

魔を魔と見破る事も池田門下の力量

 投稿者:道しるべ  投稿日:2016年 6月14日(火)12時47分51秒
  通報 返信・引用 編集済
  創価学会側が魔なのか、宿坊の掲示板側が魔なのか
教条事項の改正から始まり安保法とつながっていった宿坊の掲示板の動向
創価学会側が賛成したものを宿坊の掲示板は反対しており意見が二分している
どちらかが天魔になっているのは確かだ
創価学会側が魔なのか宿坊の掲示板側が魔なのか
民衆側に立っている会員は池田先生から託された新時代第二幕の広宣流布の時代に
仏法を永遠ならしめるため魔から法を護るため
創価学会側、宿坊の掲示板側のどちらが
魔であるのか魔を魔と見破る力用を一人一人が持っていけるかが
池田先生から与えられた最後の訓練の場だ

事の発端は教義条項改正で大御本尊決別から始まった宿坊の掲示板騒動

創価学会側
創価学会インターナショナルからの要請もありこれからの本格的な世界広宣流布のために
他宗教団となった大石寺の戒壇本尊と決別し教条事項の改正が行われた
(創価学会が世界宗教となって日本の他宗となった大御本尊や大石寺の説明をSGI会員に
永久にこれからもずっと説明していくことを考慮すると障りとなることも多い理由もある)
池田先生の了承をいただいたと原田会長が聖教新聞で公言

宿坊の掲示板側
大御本尊は偽物だと大石寺側と法論していたのに大御本尊は必要と矛盾な一転
宿坊の掲示板が先に掲げた教学レポート遠藤文書で文章の内容から執行部の横暴を明かしたが
その後、教学レポート遠藤文書の執筆者から聞き取り調査をおこなっておらず
第三者の意見と感想だけで執行部を悪と決めつけていたことが露呈

次に安保法が一世を風びし池田先生の思想から外れているとの騒動
政治は利害が絡むため賛否は分かれて当然だが
公明党と自公与党側の主張も冷静に見なければならない
日米同盟の強化 抑止力
http://6222.teacup.com/situation2/bbs/822

池田先生の動向を考える
2015年夏に研修道場で池田先生原田会長同席の写真が載る
池田先生から最高協議会 各部代表者会議での席上原田会長を中心にとメッセージが出され
公明党は安保法を通過させ創価学会は公明党支援を決定 11月に新会則を制定した
池田先生は現在に至るまで創価学会は大聖人の仰せ通りだ 仏意仏勅だ 師弟不二だと
聖教新聞に意思表示されている

仮に創価学会が池田先生の意思に反しているならば
師敵対になるため連戦連敗の姿をさらしてしまうのは宗祖に違背した
大石寺と創価学会の歴史を見れば明らかだ

池田先生は2010年5月の本部幹部会で
あとは君たちの手で一切を進めていきなさい旨のメッセージを残され
以来、本部幹部に出席されずに創価学会の一戦を引かれた

2014年11月 学会本部が大御本尊の決別を公表
2014年12月 衆議院選挙で公明党が31議席から35議席に飛躍
2015年 4月 道府県議選で170人、政令市議選 で174人、計344人が勝利。
      新人1氏がわずか170票差で惜敗。
2015年 4月 市議選6連続「第1党」12市町村で議席増 区議選「第2党」も堅持
         計1245人が当選果たす 3人惜敗。
2015年 3月 安保で世を騒がせる。
2015年 4月 公明党が安保反対から一転して賛成。内閣支持率が低迷。年末までに4割まで下がる。
2015年 8月 長野研修道場にて池田先生が出席されての指導会に原田会長はじめ
      方面幹部が出席されたことが写真付きで聖教に公表。
2015年 8月 最高協議会で池田先生がメッセージを寄せられたことが聖教で公表
      尊き同志が大功徳を受けて前進できるように、また大法弘通の道がいやまして
      世界に広がり、後継の青年群が陸続と育つように、そして、全学会が永遠に勝ち
      栄えていけるように、原田会長を中心に、祈りを合わせ、呼吸を合わせて、最善
      の智慧を出し合っていただきたい
2015年 8月 各部代表者会議で池田先生がメッセージを寄せられたことが聖教で公表
      私も、毎日、題目を送っています。体を大切に。
      原田会長を中心に、完璧なる団結と前進・勝利を頼みます。
2015年 9月 安保が可決
2015年11月 勤行のご観念文の変更を原田会長が池田先生の了承をいただいたと聖教で公表。
2015年11月 創立記念日に池田先生が大誓堂で勤行唱題をされる、聖教公表。京乃鬼新聞にも詳細あり。
2015年11月 創立記念の本部幹部会で池田先生がメッセージを寄せられた。聖教にも掲載。
      どうか、私と共に、いよいよ師子王の心に燃えこの世で最も麗しい異体同心の団結を光らせ、
      世界広宣流布の大願成就へ、勇猛精進していこうではありませんか!
      愛する全同志に、満腔の感謝の題目を送りつつ。
      栄光輝く師弟不二の人材城、万歳!偉大なる太陽の母のスクラム、万歳!
      世界192カ国・地域の素晴らしき創価家族、万歳!と叫んで、私のメッセージといたします。
2015年11月 池田先生の随筆・民衆凱歌の大行進が聖教に公表
      何のために、創価学会は生まれたのか。それは人間のためだ。自他共の人間革命のためだ。
      法華経に説かれる地涌の菩薩を呼び出し、この娑婆世界で、民衆の幸福と平和のために戦う
      人材軍を築きあげるのだ。創立の誓いより85周年。わが創価学会は、事実として世界中に
      地涌の菩薩を湧現している。壮大な人間教育の大地となり、滔々たる人材育成の大河となって、
      人類社会を潤してく新時代が始まっているのだ。
2015年12月 池田先生夫妻が東京大田池田文化会館を訪問。聖教に公表。
2015年12月 聖教、池田先生の御書とともに名誉会長が指針を贈るより。
      妙法は、あらゆる仏を仏たらしめる根源の法である。妙法を悪世末法に弘める法華経の行者
      ほど崇高な存在はない。創価学会は法華経の行者が結集した仏勅の教団である。
      ゆえに、学会を守り、学会のために行動しゆく功徳は、無量無辺である。
      全世界の尊きわが同志に、汲めども尽きぬ福徳あれ!
      所願満足の人生であれ!と、私は真剣に祈り抜いている。
2015年12月 聖教 名誉会長と共に 新時代を駆けるより。
      この一年、新しい地涌の人材が陸続と立ち上がった。皆、本当によく頑張ってくれている。
      日蓮大聖人は、池上兄弟と夫人たちの信心の団結を、『未来までの物語として、これ以上に
      素晴らしいものはない』(御書)と称賛された。いついつまでも讃えられる、私たちの
      勝利の物語を、仲良く朗らかに綴っていきたい
2015年12月 聖教、御書とともに名誉会長が指針を贈るより
      我らは、三世永遠の使命の絆で結ばれた同志である。学会は御聖訓通りの麗しい和楽の世界だ
      皆が支え合い、希望と幸福を築く。創価家族は常に語り合い、励まし合っていくのだ
      共に祈り、学び、行動していく中で、団結は一層深まっていく
      苦楽を分かち合い、広宣流布に挑む連帯こそ、生死の苦悩を乗り越え勝ち越えゆく原動力なのだ
2015年12月 聖教、各部代表者会議の池田先生のメッセージより
      この大事な年を、わが学会は全てに勝って飾ることができました。月月・日日にたゆまぬ、
      尊き一人一人の祈りと献身のおかげです。異体を同心とする、創価家族の絶妙なチームワークの
      大勝利です ありがとう!本当にご苦労さま!
2015年12月 聖教、随筆民衆凱歌の大行進より
      この一年も私は勝った!我らは勝った!と、万歳の歓呼を共々に送り合おうではないか
2015年12月 聖教、各部代表者会議の池田先生メッセージより
      婦人部の皆様をはじめ全同志の奮闘ありて、この一年、世界広宣流布は大いなる躍進を遂げた
      人知れず重ねる尊き友の労苦を、諸天も大喝采しているに違いない。“妙の照覧”絶対である
      学会活動に無駄はない。必ずや福徳と薫り、感謝と賛嘆の声に包まれるのだ
2016年 1月 池田先生夫妻がさいたま文化会館を訪問。聖教に公表
2016年 1月 安保で支持率下落したが参議院選挙の序戦となった自民・公明推薦の候補が6000票もの大差で当選
2016年 2月 内閣支持率が5割にせまる勢いで回復
2016年夏の参議院選挙の予想は公明党圧勝と各マスコミが見解

2015年4月の選挙で計4人の候補が次点で惜敗するも
池田先生が指揮をとられていた時代の市議選でも数名落ちていることからまだ許容範囲である
沖縄選挙と厳しい情勢だったが本年5月の池田先生 創価学会は勝ち飾ってくれている旨のメッセージのように
連戦連勝中の創価学会である

次に宿坊の掲示板の問題点を考える
宿坊の掲示板騒動の裏に除名者波田地氏がいたことが判明
(波田地氏と共にしていた会員が教示するまでこのことは秘密にされていた)

除名者がいる問題点を考える
除名者がいると創価学会側と利害が絡んでいるため自身の除名を正当化しようと
虚偽を吹聴し過失をかくす傾向があり公平で正視眼な立場に立てないことを考慮したい
この除名者は執行部の横柄で除名されたと言っていたが会則違反で正当化された除名であったことも判明
除名される前から師敵対していた姿が露呈している
http://6222.teacup.com/situation2/bbs/1115

除名者の利害が意味するように次々と悪事が露呈
・教学レポート遠藤文書で始まった執行部への糾弾だが執筆者に聞き取り調査せず
第三者だけで意見と感想を述べていた
・54年問題と執行部の悪事を絡めていたが池田先生「下が上を動かせ」との原理のままに
池田先生をお護りできなかったのは宿坊の掲示板側でもありお互い様であった
・これまで執行部の悪事を糾弾してきたが調査が不十分なままであった
・調査不十分が裏目にでて師敵対の除名者「元職員3名」と結託してしまった
・執行部に師弟不二を求める反面、自分たちは池田先生「会って対話していこう」との指導に反して
 一日中パソコン前で格闘
・中心者にいる信濃町の人びと氏が正体を明かさずいつでも逃走準備が整っている
・そんな信濃町の人びと氏が教学レポート遠藤文書の調査を怠ったまま無差別に配り調査不十分なまま
 執行部の悪行を暴露してきた
・信濃町の人びと氏の発言を信じたことがきっかけで執行部の悪事に焦った会員が
 現場で悪態を起こし多くの処分者を出してしまった
・宿坊の掲示板の創価学会の悪事糾弾は調査不十分
・宿坊の掲示板の内容のほとんどがカンに頼った自論・我見・感想が多い
・師弟不二の信・行・学を実践できれば必ず実証がついてくるが創価学会の実証の反面、
 宿坊の掲示板側に実証がでておらず大御本尊決別からいた会員がほとんどがいなくなってしまった

これら全体観に立って考えてみると創価学会側より宿坊の掲示板側の動向が魔の蠢動に近いとみえないだろうか
新時代第二幕の世界広宣流布はまだ始まったばかり
池田先生が意思表示されているこの時に魔を見破れないようでは未来の広宣流布はない
池田先生も御年88
池田先生の意思表示がなくなられた時に魔のやりたい放題にさせることがあってはならない
 
 

新着順:17159/19177 《前のページ | 次のページ》
/19177