teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]



新着順:245/19196 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

池田先生「デマや讒言をまき散らし、何ら悪びれない輩は、まさに悪魔だ。ゆえに戦え!」

 投稿者:記録係  投稿日:2021年 6月16日(水)01時15分39秒
  通報 返信・引用
  New! 連戦連敗!波〇地一派・宿坊板・天野達志の著作権侵害裁判で損害賠償支払い命令
4月23日、東京地裁において、天野達志への著作権侵害による裁判で損害賠償40万円の支払い命令が下されました。

天野達志・損害賠償支払い命令・判決全文

https://kaku-haizetsu.jimdofree.com/%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%83%83%E3%83%97%E8%A8%B4%E8%A8%9F/

---------------------------

連戦連敗!波○地一派・宿坊板と結託・週刊金曜日・取締役社長が敗訴確定

2021年03月12日16時28分
櫻井よしこ氏への名誉棄損裁判に続き西岡力氏への名誉棄損裁判でも最高裁敗訴

元朝日新聞記者の植村隆氏(週刊金曜日=社長)が、自身の従軍慰安婦問題に関する記事について
「捏造(ねつぞう)報道」などと書かれ、名誉を毀損(きそん)されたとして、研究者の西岡力氏と
文芸春秋に損害賠償などを求めた訴訟で、最高裁第1小法廷(小池裕裁判長)は12日までに、
植村氏側の上告を退ける決定をした。11日付。植村氏の請求を棄却した一、二審判決が確定した。

https://www.jiji.com/jc/article?k=2021031200973&g=soc

---------------------------

ガセネタ宿坊板に注意!
創価学会幹部の不祥事は真実だと語り継がれてきた宿坊板が名誉棄損裁判で完全敗訴


宮○日護が学会員からの供養着服・宝城寺院明け渡し裁判で完全敗訴
http://6222.teacup.com/situation2/bbs/t15/l50

波○地が不当除名だと訴えた創価学会除名無効裁判で完全敗訴
http://www.yanagiharashigeo.com/html/modules/xpress/?p=680

足軽会一派が不当除名だと訴えた創価学会除名無効裁判で完全敗訴
http://www.yanagiharashigeo.com/kd_diary/kd_diary.cgi?viewdate=20161108

聖教新聞減部除名裁判で足軽会一派に賠償金支払い命令
http://www.yanagiharashigeo.com/html/modules/xpress/?p=1816

名誉毀損「3749」裁判で司法が波○地を断罪
http://6222.teacup.com/situation2/bbs/4633

-----------------------------

池田先生が根拠なし・ガセネタ確信犯・宮○日護・波○地一派・宿坊板に鉄槌

◆「デマや讒言をまき散らし、何ら悪びれない輩は、まさに悪魔だ」


 戸田先生は指導された。
 「青年の心を揺さぶるものは、青年の叫びである」と。
 どこの誰が無責任に何を言おうが、下らぬ中傷批判など歯牙にもかけるな!
いな、木っ端微塵に打ち砕け!
 京王線「芦花公園駅」に名を残す、世田谷ゆかりの作家・徳冨蘆花は、トルストイの
影響を受けた。そのトルストイは喝破している。
 「(自分の)罪の弁護をするのは悪魔の所業である」
 デマや讒言をまき散らし、何ら悪びれない輩は、まさに悪魔だ。ゆえに戦え!
 「善心は恵みであり、喜悦であるのみならず、また同時に闘争の武器でもある」
 その通りだ。
 邪悪を責め続けてこそ、学会は「善の中の善」となり、「正義の中の正義」
となった。 若き諸君は、それを断じて忘れてはならない。また、戸田先生は叫ばれた。
 「御書を拝さず、学会の信心指導を受けず、学会に迷惑をかける者は、断固、追放せよ」
     各部代表者会議 2005年7月20日

-----------------------------

New! またやった!政治の監視が失敗・波○地一派・宿坊板が連戦連敗

2019年 参議院選挙選挙・波○地一派・宿坊板推薦・れいわ新選組

(無題)  投稿者:未活地区リーダーです。投稿日:2019年 7月20日(土)17時13分38秒
私は明日、山本太郎に入れます。

投稿者:ペーター・カーメンツィント 投稿日:2019年 7月20日(土)17時41分39秒
私も期日前で比例区「山本太郎」と書いて投票しますた(笑)

れいわ支援 投稿者:カエル 投稿日:2019年 7月20日(土)22時59分19秒
この1週間、内部・外部の方々、20数人と電話で話をしました

投稿者:新☆斬り捨て御免!  投稿日:2019年 7月21日(日)14時01分43秒
山本太郎はすでに勝っている☆で間違いないッ☆!のである・・・

こんにちは。  投稿者:幸せな人  投稿日:2019年 7月21日(日)15時41分10秒
行って参りました。太郎組の友人からも続々と済みの連絡がきてまーす。感謝です(´Д`)

選挙は人物本位で、自由。 投稿者:ニュリーダー間鹿 投稿日:2019年 7月22日(月)01時32分20秒
僕は仲間である野原さんを選び、野原さんが立候補したレイワ新撰組に投票しました。

----------------------------------------

また負けた!政治の監視が失敗・波○地一派・宿坊板が連戦連敗
れいわ新選組・山本太郎代表・東京選挙区・野原善正が落選

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO47607530S9A720C1PP8000/

創価学会・公明党は11議席から14議席へ躍進
<参議院選挙2019>「公明党」が「3議席増」の快挙
https://6222.teacup.com/situation2/bbs/16522


波○地一派・宿坊板推薦・れいわ新選組の正体が卑劣

「宿坊の掲示板」支援「山本太郎」事務局「MPD」斎藤まさし「北朝鮮」連合赤軍。
https://youtu.be/5JHc4qkpQt8
https://iken.website/2019/10/29/yamamototaro/

---------------------------

池田先生が政治の監視が失敗・マスコミの権力に屈したメディアリテラシー欠如の波○地一派・宿坊板に鉄槌

◆「仏法では、権力の魔性を他化自在天と説き明かしている。」


 マズロー博士は、権力の魔性を鋭く喝破し、それを超克していく「リーダーシップ」
のあり方を示している。博士は、警鐘を鳴らしている。
「権力の獲得は、大抵の人達を、善よりも悪の方向に導いてしまう傾向にあるという
のが私の印象です」(エドワード・ホフマン編、上田吉一・町田哲司訳『マスローの
人間論』ナカニシヤ出版)
 人類の宿命的な命題であるといえよう。これを大転換していかない限り、不幸の流転
を止めることはできない。博士は論じている。
 「権力を求める人間は、その権力を持つ資格のない者である」
 「仮にこのような人間が権力を得た場合、まちがった権力の行使をやりかねない。
 すなわち、征服、圧迫、人を痛めつけることなどによって、利己的快楽をほしいままにし
意識的、無意識的に権力の乱用をすることになる。このような人間がリーダーとなった場合、
義務も、職務も、目標も、すべて忘れさられてしまう」(原年廣訳『自己実現の経営』産業
能率短期大学出版部)
 仏法では、こうした権力の魔性を「他化自在天」すなわち、「自分以外のすべてを自分の
手段として利用しようとする、生命の根源的な傾向性」としてとらえる。そしてその魔性を
本源的に打ち破り、自他ともの幸福を目指す道を説き明かした。
 この戦いは、仏法を根本とした「人間革命」運動の一次元であるともいえる。
 だれよりも、まず指導者自身が、「人間革命」することである。
     合同研修会 1993年8月22日

---------------------------

New! 波○地一派・宿坊板推薦・れいわ新選組・学会壮年部・野原よしまさを除名処分!

<創価学会より除名されました>

<宿坊の掲示板><週刊金曜日><小沢一郎グループ><玉城デニー オール沖縄><斎藤まさし連合赤軍>
<祝報>「宿坊の掲示板」支援「野原よしまさ」が「創価学会」より「除名」されました 9/29
https://6222.teacup.com/situation2/bbs/37627

-----------------------------

New! 波○地一派・宿坊板の足軽会一派・支持者が脱退・日顕宗に寝返り・退転

長野県にある妙相寺で、かつて副講頭を務めた日蓮正宗信者の樋田(とよだ)昌志が
1組の母娘らを脱会させ、日蓮正宗へと引き入れる様を、自身のYouTubeチャンネルで公開しています。
実は、この母娘は、福岡大祐や“創価学会元職員”を売りものにする3人、小平秀一、滝川清志、
野口裕介らのグループ(福岡グループ)の集会にも参加していた、支持者の母娘でした。
その母娘が、脱会して彼らのグループに合流すると思いきや、日蓮正宗に行ってしまったわけです。
https://lifewithsoka.hatenablog.com/archive


-----------------------------

また負けた!波○地一派・宿坊板の正体が卑劣・連戦連敗・広布破壊が失敗!

New! 波○地一派・宿坊板推薦・山本太郎・れいわ新選組が都知事選挙・落選・仲間割れ


<東京都知事選挙>「自民」「公明」支援「小池百合子」圧勝
<宿坊の掲示板> 支援「山本太郎」「宇都宮けんじ」落選

◇東京都知事選開票結果
当 3661,371 小池 百合子 自公
  844,151 宇都宮 健児 野党統一
  657,277 山本  太郎 れいわ

  612,530 小野  泰輔 無新
  178,784 桜井   誠 諸新
   43,912 立花  孝志 諸新

-----------------------------

波○地一派・宿坊板推薦・れいわ新選組・野原よしまさが仲間割れ

野原氏の忘恩とハタチ氏への高まる不信
   投稿者:正義の走者  投稿日:2020年 7月27日(月)21時34分23秒
https://6222.teacup.com/situation2/bbs/30828
れいわ新選組を離党した野原氏が「ハタチは敵」とわめいているようだ
山本太郎氏ならずハタチ氏にも敵対心を向け、事態は悪化の一途を辿っている。
このような忘恩の悪人の応援を決めたハタチ氏への責任を問う声が広まっている。


New! 自称“被害者”・野原善正氏の言い分を無責任に垂れ流す元職員ら福岡グループ
https://lifewithsoka.hatenablog.com/archive
2回にわたり野原善正氏と波田地グループとの関係について振り返りましたが、
そもそも野原氏が学会批判の前面に出るきっかけとなったのは、福岡大祐と“元職員”を
売りものにする3人、小平秀一、滝川清志、野口裕介らのグループ(福岡グループ)との関わりでした。

--------------------------

池田先生が広布破壊に狂った宮○日護・波○地一派・宿坊板に鉄槌

◆「大聖人は、「一凶を禁じよ、邪宗を打ち破れ」と、最後の最後まで戦いを貫かれた。」


一、きょう7月16日は何の日か?
 ご存じの通り、文応元年、すなわち西暦1260年のこの日、日蓮大聖人は、「立正安国論」をもって、
邪悪な坊主と結託した権力者の狂いを戒め、正された。その最も大切な記念の日である。
 日蓮仏法の「立正安国」――ここに永遠にわたる、慈悲と正義と平和の理念が明快に示されている。
 創価学会の精神も「立正安国」が根本である。「立正安国」という大いなる正義の戦いを決然と開始され
たからこそ、大聖人は悪辣きわまる迫害を受けた。
 もう少しちがった方向へ、うまくごまかして、世間から「とてもいい人だな」「いい話をするな」と思わ
れるよう、ゆるやかな、賢げな話だけをしていれば、迫害など受けなかった。
 民衆の不幸をなくすため、日本の国全体を変えるために、悪い権力者と宗教を正すんだ!
 こう真っ向から訴えれば、当然、怒りを買う。しかし抜本的な改革は、これしかない。
 「立正安国論」には記されている。
 「悪い坊主を誡めなければ、どうして善い事を成し遂げることができようか。絶対にできない」(御書2
1ページ、通解)
 だからこそ大聖人は、「一凶を禁じよ、邪宗を打ち破れ」と、最後の最後まで戦いを貫かれた。
 この大聖人の御精神は、創価学会にしかない。大聖人と同じように、創価学会は、民衆を踏みにじる邪悪
に対する思想戦を実行した。人間主義を打ち立てた。
 創価学会の三代の師弟は、大聖人と同じ目的をもって戦ってきた。同じ行動を貫いてきた。
 それゆえに、あらゆる難を受けた。しかし、尊き同志の皆さまとともに、すべてを堂々と勝ち越えた。
 創価学会は勝った! 創価学会は正しい! それは満天下に明らかになっている。
 今日の未曾有の広宣流布への上げ潮は、わが創価学会の正義が完璧に勝利した大証明である――そう私は
宣言しておきたい!(大拍手)
    第29回本部幹部会 全国青年部幹部会 2003年7月11日

-----------------------------

波○地一派・宿坊板の師敵対確定!
波○地一派・宿坊板が我見・憶測で池田先生執筆・新・人間革命を誹謗中傷


信濃町の人びと「新人間革命は代筆という確証があります」証明できず
大仏のグリグリのとこ氏も対話拒否で遁走
http://6222.teacup.com/situation2/bbs/6667

池田先生・奥様・長男博正氏が執筆を証言
http://6222.teacup.com/situation2/bbs/6731

根拠なし波○地一派・宿坊板が池田先生を侮辱・嘲笑・誹謗中傷
http://6222.teacup.com/situation2/bbs/8256

無職・借金地獄の師敵対・元職員が末期状態
http://6222.teacup.com/situation2/bbs/6601

--------------------------

池田先生が師敵対の宮○日護・波○地一派・宿坊板に鉄槌

◆「仏法の真髄は、そして人間の生き方の真髄は師弟にある。」


 一、私は師匠を守るために、命をかけて戦った。すべてを捧げて戸田先生に仕えた。
 先生は本当に厳しかった。今の時代では、想像できないほどの厳しさだった。真夜中や
夜明け前に「すぐに来なさい」と戸田先生から電話がかかってくる。そういうことが、
何度もあった。先生のお宅は遠い。そんな時間では、タクシーも、なかなかつかまらない。
それでも手を尽くして、なんとかして、先生のもとへ駆けつけた。ふつうの人間なら、反
感を持ち、退転していたかもしれない。反逆していたかもしれない。それほどの厳しい訓
練だった。
 それでも私は広宣流布のため、師匠のために、喜び勇んで馳せ参じた。仏法の真髄は、
そして人間の生き方の真髄は「師弟」にある。お金もない。何もない。大変な時代だった。
 そのなかで、先生に仕え切った。横着(おうちゃく)など、一切しなかった。今の人た
ちには、いくら口で説明してもわからないかもしれない。しかし、命を賭して私は戦った。
 先生のお宅へ行って、夜通し、先生をお守りしたことも、たびたびあった。朝になると、
そこから、会社へ出かけていった。戦って戦って、戦い抜いた。
 私は医者から「30歳までもたない」と言われたが、本当に、28歳くらいで死ぬかも
しれないと思っていた。妻もそう思っていた。そういう戦いをしたのである。
   本部代表幹部会 2006年3月9日

-----------------------------

またやった!波○地一派・宿坊板が連戦連敗・著作権侵害で訴えられ脱退者続出!

New! 判決文リンク 被告・SaySaySay・末席の弟子・正義の子
http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/802/088802_hanrei.pdf

http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/709/088709_hanrei.pdf

引退  投稿者:SaySaySay  投稿日:2019年 8月10日(土)07時57分48
その後はその間違いを繰り返さないように注意していたつもりではいました。
が、私の考えが甘かったようです。皆様もお気をつけください。
今回で宿坊を引退することに致します。すみませんでした。

皆様、短い間でした 投稿者:一人の壮年部  投稿日:2019年 8月10日(土)16時17分57秒
SAYSAYSAY様と同様、本日を持ちまして
最後の投稿といたします。皆さま、短い間でしたが、お世話になりました。

投稿者:通行人  投稿日:2019年 8月10日(土)17時58分27秒
SAYさんの投稿おもしろくて好きなのに残念すぎる
俺も卒業しようかな

-------------------------

【謝罪】創価学会 会長 原田 稔様  投稿者:虹と創価家族  投稿日:2019年 7月29日(月)08時12分46秒
創価学会会長 原田 稔様
謹啓
この度の、著作権侵害によるプロバイダ会社への訴訟を受けまして、ご迷惑をおかけした
創価学会原田会長及び関係者の皆様に深くお詫びいたします。誠に申し訳ございませんでした。
これを最後に虹と創価家族は、宿坊の掲示板から卒業させて頂きます。
今後は、宿坊の掲示板に投稿を一切致しません。

虹と創価家族様へ  投稿者:虹の戦士  投稿日:2019年 7月29日(月)10時41分6秒
虹と創価家族様に感謝いたします。
また、私もこの掲示板から卒業しようと思います。
またどこかで、みなさんとあえることを楽しみにしています。

卒業します 投稿者:地方の会員  投稿日:2019年 7月30日(火)07時58分44秒
私も本日を持ちまして当掲示板を卒業することに決めました。
管理人様、当掲示板の皆様方、お元気でお過ごしください。
地方の会員 拝

-----------------------------

池田先生が波○地一派・宿坊板の連戦連敗に鉄槌!

◆「師弟不二の闘争があれば道は必ずひらく」


 一、私は、約十年にわたって、戸田先生にお仕えした。戸田先生が事業に失敗され、
再建へ苦闘しておられたときが、私にとっても一番苦しい時代であった。
 莫大な借金。批判と中傷の嵐。さすがの先生も憔悴(しょうすい)しておられた。
 社員は、一人去り、二人去り、最後に残ったのは実質的に私一人。体が弱かった私は、
疲れた肉体に鞭打ちながら働いた。給料は何カ月も遅配。冬でもオーバーもなかった。
無理に無理を重ねた。
 しかし、先生の事業の一切を担い、一歩も退かなかった。生命をかけた死闘のなかで、
事業の再建の目途をつけ、断固、先生をお守りした。
 そうやって、戸田先生が、学会の第2代会長になられる道を敢然と切り開いたのである。
 戸田先生と私の「師弟不二の闘争」がなければ、現在の学会はない。「師弟不二」が
創価学会の魂なのである。
 方面長、方面婦人部長の皆さんは、学会の最高リーダーである。責任も使命も大きい。
 創価の永遠の興隆のために、最高幹部の皆さんには、真実の歴史を語っておきたい。
   各部代表者会議 2006年2月25日

-----------------------------

破和合僧の大罪・ガセネタ確信犯・波○地一派・宿坊板を池田先生の指導のままに査問・除名・追放!

池田先生「戸田先生は「学会に傷をつけた者は除名せよ!」「破廉恥の幹部は、必ず辞めさせよ!」
と厳命された。「不正に黙って耐えることが不正なのである」とはインドの大詩人タゴールの言葉である」
http://6222.teacup.com/situation2/bbs/10534

アショカ大王の法勅
「僧伽(そうぎゃ=仏道修行をする人々の集団)を破壊する者は、追放されねばならない。」
http://6222.teacup.com/situation2/bbs/9952

戸田先生「敵は内部だ!信心の世界で自己の栄達のみをもくろみ、卑劣な行為をしていく者をば、
断じて許すな!和合僧から追放せよ!」
http://6222.teacup.com/situation2/bbs/9916

戸田先生「自分は立派な信心をまっとうせず愚劣な批判ばかりしている邪魔者は追放せよ!」
http://6222.teacup.com/situation2/bbs/9013

池田先生「嘘八百を並べ我々を弾圧した、こんな汚らわしき一派と永遠に別れたことは、なんたる幸福か。」
http://6222.teacup.com/situation2/bbs/9069
 
 

新着順:245/19196 《前のページ | 次のページ》
/19196