<思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

投稿者
題名 ※管理者の承認後に掲載されます。
*内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
URL
sage

  • [4]
  • (無題)

  • 投稿者:PS
  • 投稿日:2016年 8月 1日(月)10時54分40秒
  • 返信
 
投稿者:研鑽  投稿日:2016年 7月30日(土)23時36分28秒
2016 7.30
原田会長を中心に全国最高協議会  SGI会長がメッセージ贈る

全国最高協議会が26日から東京・信濃町の学会本部別館でスタート。
これには、原田会長、長谷川理事長、永石婦人部長が、全国の方面長、方面婦人部長、
各部の代表の友と出席し、29日まで開催された。

池田SGI会長はメッセージを贈り、全国の同志の奮闘を心から賞讃。明るく、楽しく、一段と朗らかに、
民衆の幸福のため、世界の平和のため、若き世代の未来のために、心一つに進んでいきたいと呼び掛けた。
ここでSGI会長は、仏意仏勅の創価学会の使命に言及。
「釈尊は、法華経寿量品において、仏の永遠常住の生命を説き、
『我は常に此の娑婆世界に在って、説法教化す』(法華経479ページ)と明かされた。
日蓮大聖人は、『報恩抄』で『日蓮が慈悲曠大ならば南無妙法蓮華経は万年の外・未来までもなが(流布)るべし』
(御書329ページ)と尽未来際への広宣流布を宣言されている。
この釈尊、そして、御本仏の広大なる慈悲を体し、荒れ狂う娑婆世界で大法を弘通しているのは、学会しかない。
戸田先生が『創価学会仏』と言い切られたゆえんである」と力を込めた。
さらに、「学会が勝ち栄えなければ、広宣流布は断絶してしまう。
学会を守ることが妙法を守ることだ。学会を永遠ならしめることこそ、慈折広布を永遠ならしめることなのである」と強調。
学会の永遠性を確立するのは、まさに「今この時」であり、この「地涌の本懐」を宿縁深き同志と一緒に、
断固と成し遂げていきたいと訴えた。
続いて、「現在に眼前の証拠あらんずる人・此の経を説かん時は信ずる人もありやせん」(同1045ページ)との御聖訓を拝読。
「われら創価家族はいやまして福徳の実証を示しながら、広宣拡大の歓喜の道を、
青年育成の希望の道を広々と開いていこうではないか」と力説した。
最後に、原田会長を中心に、油断を排し、一切の魔を打ち破る祈りと「水魚の思」の団結で、
常勝の大前進をと念願し、メッセージを結んだ。